うつ病は甘えじゃない|頑張らなくても大丈夫

心のSOSに耳を傾むけましょう

原因や症状を知って解消

女性

ストレス社会である現在は、うつ病にかかる人が増えています。うつ病の研究は進められていますが、はっきりした原因はまだわかりません。ですが人間関係や環境の変化が大きく関わっているといわれています。またうつ病になると精神症状や身体症状が現れてきます。

詳細へ

精神的な病気

ハートと手

様々な要因

普段生活している中で起こる心の浮き沈みはありますが、ほとんどの方が少しすれば回復します。しかし、そのまま気分が回復せずに落ち込んだままの方もいます。なかなか気分が晴れずに落ち込んだままの状態をうつ病というのです。うつ病は気づかないことが多く、自覚症状がないことが多いです。うつ病の主な原因は、遺伝的要因、環境的要因、身体的要因の三種類に分類されます。一つ一つ説明していくと、遺伝的要因に関しては遺伝的なものが原因でなるのですが、環境的要因に関しては、人間関係や転職、昇進、妊娠、結婚などといったことが大きく関係してくるのです。また、幼児期の厳しい体験なども病気に左右するのです。次に、身体的要因に関してですが、病気が一番影響します。特に感染症や脳疾患には注意が必要です。また、女性は閉経後など、ホルモンバランスが崩れやすくなっているときも気をつける必要性があるのです。うつ病は、大きなストレスがかかったときに起こることが多いのですが、ストレスの感じ方によっても変わります。ですので、性格も大きく関係しているのです。

受診する病院

次に、うつ病を起こしやすいタイプについて把握しておきましょう。最もうつ病を発症しやすいのが、生真面目で、責任感が強い人です。また、なにかに執着することが多い方も注意が必要です。それから、メランコリー親和型タイプの方も気をつける必要性があります。常に周囲に気を使っているので、疲れやすく、うつ病になる傾向があるからです。また最近継続的に、だるい、疲れが取れない、食欲がない。などと感じるようになった方はうつ病の可能性が高いので気をつけなければいけません。そこで症状を感じた方は早期発見のために、精神科や心療内科に受診することが重要です。精神科や心療内科は普通の病院と違って、メンタルケア療法を行ってくれます。ですので、患者さん一人一人の相談もしっかりと聞いてくれるのです。また、より精密に検査をしてくれるため、原因を徹底的に突き止め、その方にあったお薬を処方してくれます。それから心療内科については、様々な角度から病気と向き合うので、精神症状が、内科的病気と繋がっていないかなども徹底的に診断してくれるのです。

職場環境に悩んでいますか

ナース

協調性が求められ、終身雇用形態の日本の会社では、アメリカよりも職場の人間関係に悩む人が三倍います。自分の体や心におかしいなと感じるようになったら、自分をうつ病ではないかと疑ってみて下さい。医師や周りの人のサポートで治していきましょう。

詳細へ

薬や認知行動療法

レディ

こころの風邪ともいわれるうつ病は、だれにでも起こりうる病気です。うつ病になってしまったら、休養と薬による治療が行われます。とくに薬物療法では、症状が改善してからも、再発を防ぐために継続して服用することが一般的です。またそれに合わせて、行動人認知療法も行われます。

詳細へ

気分の落ち込みがつらい

ドクター

憂鬱な気分が抜けず、日常生活にも支障をきたしたら、すぐに病院を受診しましょう。うつ病は治らない病気ではありません。ストレスから離れゆっくりと静養し、処方された薬を服用することで徐々に回復へと向かいます。

詳細へ

うつの原因や対処の仕方

カウンセリング

うつ病は本人にしか分からない辛さがあります。一度うつに陥ると再発しやすい傾向がありますから、しっかりと専門機関で治療を行ってうつと向き合うことが大切です。カウンセリングや薬物療法で症状は和らいでいきます。

詳細へ