薬や認知行動療法|うつ病は甘えじゃない|頑張らなくても大丈夫

うつ病は甘えじゃない|頑張らなくても大丈夫

男性たち

薬や認知行動療法

レディ

こころの風邪とも言われているうつ病。今ではうつ病にかかる人が増えていて、決して珍しい病気ではありません。身近にうつ病で休職しているという人も少なくありません。病気であるため、心療内科などを受診してしっかり治療する必要があります。治療の基本は休養で、しっかり休んで心と体の疲れを取ることがとても大切です。うつ病の患者は生真面目で責任感が強い人が多く、仕事を休むことに対して抵抗を感じることが多いです。しかし医師からしっかり休養を取るように指示されたら、思い切って休んで治療に専念する必要があります。また休養だけでなく、抗うつ薬を使った治療も行われます。抗うつ薬には、神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンなどの働きを高める薬が使われます。これらの神経伝達物質は精神状態を安定させたり、意欲を高めたりするのに重要な働きをします。抗うつ薬にはSSRIやSNRIやNaSSA、三環系や四環系など色々なタイプの薬があり、状態によって使い分けられます。これらの薬は即効性は期待できないので、継続して服用することで徐々に効果が出てきます。

うつ病にかかる人は増えていて、決して他人ごとではない病気であります。治療の基本は休養と薬ですが、しっかり効果を出すためにもしっかり休んで薬を続けることがポイントです。うつ病に使われる薬は抗うつ薬といいますが、色々な種類の薬が症状に応じて使い分けられます。ただいずれの薬も即効性はなく、継続することが大切です。一般的には服用して1〜3週間ほどで効果が出始めるといわれています。そして2カ月から半年程度服用を続けると、うつ病が改善するといわれています。しかし改善したからといって薬を中止することは少なく、普通の生活にもどってもさらに半年から1年程度は継続して服用することが一般的です。薬を続ける必要があるのは、うつ病が再発しやすい病気であるからであり、継続することで再発率を抑える目的があるのです。また薬による治療と合せて認知行動療法も行われます。これはうつ病になりやすい考え方や行動について患者自身に気付いてもらって、それを改めてもらうために行われる治療法です。